• チャーリー

ペットとの暮らしで気を付けること

集合住宅で気を付けるべきことは、ペットを飼っていない人への配慮です。

共用エリアでのペットの扱いや鳴き声など、思わぬことで近隣へ迷惑をかけてしまうことがあります。

『マンション規則』や『ペット飼育規約』には、 住宅内でのルール(ペットの大きさや頭数の制限・エレベーター内は抱きかかえるなど)や、 トラブルになった場合の解決方法など書いてあるので、事前に確認することが重要です。

また、ペットとの暮らしで気を付けることは、ペットのストレスのない周辺環境(音・明るさ)です。

近隣道路から発せられる車の走行音やクラクション、 近隣施設からの音楽などの騒音は、人間同様ペットもストレスを強く感じます。

また、窓から差し込む日光にも配慮が必要です。 直射日光があたり過ぎる場所にケージを置くこと、 逆に日光がほとんど当たらない室内も、ペットにとっては快適な環境ではありません。

夜間の明るすぎるネオンなどもペットにとってストレスになります。

私たち人間より留守番が多く、室内で長く過ごすペットだからこそ、 周辺環境のチェックは大切です。


03-6450-7233

03-6450-7293

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2丁目34-1ラ・スクデリア1F