• チャーリー

猫の留守番対策

猫は睡眠時間が長い動物であり、1日の3分の2は寝ています。 そのため、留守がちな家族には理想的なペットといえるでしょう。

また、猫は本来、単独で行動する動物のため、 犬のように留守番を寂しがることも少ないようです。

しかし、猫が持っているハンティング習性から考えると、 一生ひとりぼっちでも寂しくないというわけではありません。

そのため、留守がちな家庭で猫と遊んであげる時間がない場合には、 猫同士で遊びエネルギー発散するという意味でも、2匹で飼うことも おすすめします。

2匹になりお世話が2倍かというと、1匹とあまり変わりはありません。

ただし、猫にも相性があるため、すんなり仲良くなれない場合は、 獣医師など専門家に相談し対処することをおすすめします。

そして、猫の防寒対策として、『日向ぼっこ』ができる出窓などの 落ち着くスペースを作ってあげることが重要です。


 

03-6450-7233

03-6450-7293

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2丁目34-1ラ・スクデリア1F